博報堂が企業や自治体サイト・アプリのWebアクセシビリティの改善・改修サービス開始

ユニバーサルデザインで実績あるミライロが診断、博報堂アイ・スタジオがUI設計、実装
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、企業や自治体、教育機関のWebサイトやアプリに対して、ユニバーサルデザイン(すべての人のためのデザイン)視点でWebアクセシビリティ(情報利用のしやすさ)を改善・改修するサービス提供を始める、と6月15日に発表した。持続可能な開発目標(SDGs)の視点からクライアント企業のビジネスイノベーションを支援する全社プロジェクト「博報堂SDGsプロジェクト」として展開する。

ユニバーサルデザインのリーティングカンパニーで多くの業務実績のあるミライロと、博報堂のグループ会社でWebサイトのUX(ユーザーエクスペリエンス)・UI(ユーザーインターフェース)開発専門の博報堂アイ・スタジオで企業サイトやアプリのWebアクセシビリティ改善・改修ソリューションをワンストップで提供する。博報堂SDGsプロジェクトの知見を生かして企業のSDGs課題全体を見据えたコンサルテーションも行う。

コロナ禍でECサイトやデジタルサービスの利用の広がり、Webアクセシビリティに対する生活者のニーズが高まっている。博報堂が企業向けの販売窓口と全体統括し、ミライロがWebアクセシビリティ診断と改善点を提案。その結果に基づいてWebサイト・アプリ改善コンサルテーションとUI設計、実装(改修)を博報堂アイ・スタジオが担う。特に視覚障害者や高齢者も利用する公的サービス提供企業への支援を想定している。
 

ニーズにあわせて実施可能な3つのプランを用意

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]