サイバーエージェントがデジタルとリアルをつなぐUI/UXデザイン専門の「DX Design室」設立

UI/UXデザインの設計から実装・運用までサポート、継ぎ目のない新しい体験価値提供を支援
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、同社のDX(デジタルトランスフォーメーション)本部に、デジタルとリアルをつなぐUI(ユーザーインターフェース)/UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインの専門組織「DX Design室」を5月28日に設立した、と同日発表した。UI/UXデザイン、実装、運用を一貫して支援。オンラインからオフラインの継ぎ目のないユーザー体験を実現する。

DX Design室は、小売り、医療、行政をはじめ、さまざまな分野のDXをUI/UXデザインで支援する。同社が展開するインターネットテレビサービス「ABEMA」など消費者向けメディアサービスや、ゲームアプリのデザイン・開発知識を活用。企業のスマートフォンアプリ、ウェブサイトやその先の実社会での活用・体験を見据えたUI/UXデザインを設計・提案し、実装、運用までをサポートする。

小売店の場合、例えば会員証やクーポンの提示、ビーコン(微弱な信号を発信する機器)やデジタルサイネージと連動したリアルタイムの情報発信など、新たな体験価値を提供することで、利便性向上とロイヤルカスタマー獲得につなげる。DX Design室ではスマートフォンやタブレットといったスマートデバイスをデジタルとリアルを結ぶ手段に使い、これを起点にしたUI/UXデザインを担う。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]