SCSKがサイバーセキュリティクラウドと提携、「クラウドWAF関連サービス」を提供

「AWS」「Azure」対応の自動運用「WafCharm」と「攻撃遮断くん」でWebアプリ保護を強化
よろしければこちらもご覧ください

ITインフラ構築のSCSKは、Webサイトの情報漏えい保護サービスで豊富な導入実績のあるサイバーセキュリティクラウドと提携し、「クラウドWAF(Webアプリケーションファイアウオール)関連サービス」を4月26日から提供する、と同日発表した。クラウド環境のWebアプリケーション保護を強化する同社製品の販売代理店契約を締結した。

SCSKのWAFソリューション一覧

 

AI(人工知能)とビッグデータでWAFを自動運用する「WafCharm(ワフチャーム)」と、サイバー攻撃を可視化・遮断するクラウド型WAFの「攻撃遮断くん」の2つのWAF関連サービスが、新たにSCSKのソリューションに加わる。WafCharmはクラウド2大プラットフォームの「AWS」と「Microsoft Azure」に対応する。

重要な情報資産を持つシステムのクラウド稼働が一般化してWebサイトから情報資産を窃取する攻撃が増えており、セキュリティ対策の重要性が高まっている。顧客システムのクラウド移行を支援してきたSCSKは、WafCharmや攻撃遮断くんをシステム開発の構成要素に組み込み、クラウドの利点である俊敏性や拡張性を生かしたシステムを提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]