マーケターが見たCOVID-19の影響、支出が増加したのは「バーチャルイベント」「ソーシャル」「Amazon」【Criteo調べ】

今後予算を増やしたいのは「ソーシャルメディア」と「小売サイト・アプリ内広告」。
よろしければこちらもご覧ください

Criteo(クリテオ)は、レポート「アドテク2021:ニューノーマル時代のデジタルマーケティング」を発表した。マーケティング担当者(シニアレベルのマーケターやマーケティングエクゼクティブ)1,000人から回答を得ている。

コロナで支出が増加したのは「バーチャルイベント」「ソーシャル」「Amazon」

まず「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大が与えた影響」を聞くと、「収益の多少の減少」41%が多数派となり、約6割が打撃を受けた一方で、「収益の多少の増加」31%という声も一定数存在した。

COVID-19は2020年の売上にどのような影響を与えていますか?

「マーケティングチャネルの支出の変化」を聞くと、「増加した」というチャネルは「バーチャルイベント・会議」44%、「ソーシャルメディア」43%、「Amazon」41%、「検索マーケティング」41%などが上位だった。「今後6~12か月間に支出する予定」のチャネルでは、「ソーシャルメディア」44%、「小売サイト・アプリ内広告」44%が目立つ。

2019年の同時期と比較して、過去6カ月間に次のマーケティングチャネルにどの程度支出しましたか?
過去6カ月間と比較して、今後6~12カ月間に次のマーケティングチャネルにどの程度支出する予定ですか?

さらに「COVID-19の影響から回復するために掲げる主な目標」を聞くと、「運用コストの削減」42%が最多で、方向性そのものには大きな変更はない模様。「新規顧客の獲得」40%がそれに続く。また「今回のパンデミックのような状況が発生した場合に備え、今後最優先に行う対策」では、「オンラインでのプレゼンスの拡大」42%が特に多かった。

COVID-19の影響から回復するために、御社が掲げる主な目標を教えてください。
今回のパンデミックのような状況が発生した場合に備え、御社では今後どのような対策を最優先に行いますか?

調査概要

  • 【調査対象】マーケティング担当者(シニアレベルのマーケターやマーケティングエクゼクティブ)
  • 【調査期間】2020年10月1日~30日
  • 【有効回答数】1,000人(日本人100人を含む)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

mixi
2004年2月からサービスを開始したソーシャルネットワーキングサービス(SNS) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]