CXプラットフォーム「KARTE」のデータ活用サービス「KARTE Datahub」をアップデート

プレイド、BI機能「Datahub BI」と機械学習機能「Parameterized ML」のβ版を追加
よろしければこちらもご覧ください

CX(顧客体験)プラットフォーム事業のプレイドは、同プラットフォーム「KARTE(カルテ)」のオプションで各種データの活用を可能にするサービス「KARTE Datahub」をアップデートした、と12月3日発表した。BI(ビジネスインテリジェンス)機能「Datahub BI」と、機械学習機能「Parameterized(パラメタライズド)ML」のβ版を加え、提供を始めた。

BIは、企業が蓄積する大量の業務データを収集・分析し、経営の意思決定に活用する仕組み。Datahub BIは、KARTE Datahubの管理画面からビッグデータの加工・分析と可視化が容易に可能な機能。KARTEがリアルタイムに解析したオンラインのユーザー行動データと、社内システムや外部サービスのさまざまなデータを対象にワンストップでできる。

Parameterized MLは、KARTE Datahubの管理画面から機械学習による予測分析が可能な機能。ニーズに合わせて機械学習モデルをテンプレート化することで簡単に使えるようにした。購買予測に基づくクーポン配布の最適化、離脱予測による休眠復帰メールの送付や、優良顧客になる可能性が高いユーザーの特徴的行動の発見・特定などに利用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]