企業のデジタルメディアを評価した「ウェブサイト価値ランキング」、1位は前年に続き「ANA」【トライベック調べ】

ユニクロが9位から3位に躍進。デジタルメディアを使いこなしがWithコロナ時代のカギに。
よろしければこちらもご覧ください

トライベックの社内組織であるトライベック・ブランド戦略研究所は、調査プログラム「Web Equity」に基づき、12業界の246企業・ブランドについて、2020年版「ウェブサイト価値ランキング」を発表した。

「Web Equity」は、企業のデジタルメディア(公式サイト、SNS公式アカウント、公式アプリ)について、4つの効果(接触効果、好感効果、販売効果、ロイヤルティ効果)から、事業活動への貢献度を算出する調査プログラム。さらに、デジタルメディアが企業・商品のブランド力向上にどの程度貢献しているかを評価した「情報価値」と製品・サービスの売上にどの程度貢献しているかを評価した「売上価値」を合算し、最終的な「ウェブサイト価値」を導き出している。

ウェブサイト価値ランキング2020、今年も「全日本空輸(ANA)」が1位

2020年版「ウェブサイト価値ランキング」は、前年から引き続き「全日本空輸(ANA)」が1位。コロナ禍の影響で、前年から128億円ダウンの906億円と価値評価された。2位も前年と同じく「日本航空(JAL)」で718億円。3位には前年9位だった「ユニクロ」が676億円と評価され大きく躍進した。前年3位の「トヨタ自動車」は641億円で4位に後退した。その他30位までのランクイン企業・ブランドは以下のとおり。

2020年版「ウェブサイト価値ランキング」1~15位
2020年版「ウェブサイト価値ランキング」16~30位

トップ15を前年と比較すると、キリン、アサヒビール、大和ハウス工業がランク外になった一方、マクドナルド、ローソン、ヤマト運輸が新たにランクインしている。これら企業以外も、今後はWithコロナ時代を踏まえ、さらにデジタルメディアに注力すると考えられる。

※参考:2019年版「ウェブサイト価値ランキング」1~15位

調査概要

  • 【調査対象】「電子・電機」「情報・通信」「自動車」「住宅関連」「化粧品・トイレタリー」「OTC医薬品・健康機器」「趣味・娯楽・その他」「食品・飲料」「運輸・レジャー」「流通」「金融」「エネルギー・素材」の全12業界。国内の個人向け(BtoC)企業。
  • 【調査期間】2020年6月1日~6月15日
  • 【調査方法】全国20~69歳の一般消費者による評価調査を実施
  • 【対象企業数】246社
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]