アドウェイズがARでメイクしたように試せる「AR バーチャルメイク広告」を提供開始

アプリ不要でバーチャルメイクで気に入った商品はそのまま購入できる新しい体験型広告
よろしければこちらもご覧ください

広告配信サービス・全自動マーケティングプラットフォーム事業のアドウェイズは、Web AR(拡張現実)を活用した体験型広告「AR バーチャルメイク広告」の提供を始めた、と10月27日に発表した。利用に専用アプリは不要で、アドウェイズの100%子会社で広告技術事業のUNICORNの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」で配信する。

イメージ例

 

AR バーチャルメイク広告は、ユーザーの顔をスマートフォンのブラウザ上で認識して口紅などの商品を実際にメイクしたようなバーチャル体験ができ、気に入った商品をそのまま購入できる。ブランドオリジナルの背景やフィルター、BGMでよりブランドの世界観をユーザーにリアルに訴求できる新しい形の体験型広告となっている。

UNICORNではデジタルアドを活用してユーザーとの接触機会を増やす「エンゲージメントモード」でAR バーチャルメイク広告を利用できる。ターゲティングごとにキーワードグループを作成し、配信コンテンツの文脈を解析した最適な広告配信を行う。独自のアドフラウド(広告詐欺)防止や配信先の取捨選択など正しい指標で意思決定をサポートする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]