デジタル素材のマーケットプレイス「PIXTA」で画像編集ツール「PIXTAエディター」公開

画像素材購入前に加工・編集が可能、SNS投稿用画像やバナー広告をその場で容易に作成
よろしければこちらもご覧ください

写真・イラスト・動画・音楽などデジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」を展開するピクスタは、PIXTA上で画像の加工・編集が誰でも簡単にできる無料の画像編集ツール「PIXTAエディター」を7月20日に公開した、と同日発表した。PIXTAで画像素材を購入する前に加工・編集が可能なツールとなる。

画像に透かし文字が入ったサンプル画像(カンプデータ)の状態で加工・編集する仕組み。購入前に制作したデータをダウンロードする際、素材がセットで購入可能なため、本データへの差し替えが不要。各種SNSでの使用に適したサイズのプリセットやテンプレートがあり、その場でSNS投稿用画像やバナー広告が作成できる。





画像の調整▽画像へのフィルター▽SNSやウェブ広告に適した画像サイズのプリセットサイズ指定▽画像の追加▽テキスト入力▽無料テンプレートの活用▽データの保存・ダウンロード--が可能。既存の画像編集ソフトに不慣れでも操作ができるという。編集データの保存・ダウンロードにはPIXTAの会員登録(無料)が必要。


画像の調整


画像にフィルターをかける


テキストを入力できる


無料テンプレートの例

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]