サンブリッジが「LINE WORKS×Salesforce連携ソリューション」の提供開始

「LINE ID」と「Salesforce ID」を紐づけ、顧客情報の一元化で営業組織を強化
よろしければこちらもご覧ください

クラウド型CRM(顧客情報管理)「Salesforce」をソリューション展開するサンブリッジは、ワークスモバイルジャパンが提供するビジネス版LINEの「LINE WORKS」と連携した「LINE WORKS×Salesforce連携ソリューション」の提供を7月2日から始めた、と同日発表した。Salesforceのデータ更新を契機にリアルタイムの営業活動が可能になる。

 

顧客情報は「LINE ID」と「Salesforce ID」を紐づけて一元化する。LINE WORKSでの営業活動内容がSalesforceの顧客情報に反映され、Salesforceに蓄積した商談や顧客情報がLINE WORKSで活用できる。LINE WORKSでの顧客とのトーク内容がSalesforceの活動に自動連携するなど二つのツールがシームレスに連携するので営業組織を強化できる。

 

SalesforceでLINE WORKSでの営業担当者の活動が把握でき、Salesforceのデータ更新やSalesforceと一体化したマーケティングオートメーション(MA)ツール「Pardot(パードット)」のWeb行動履歴を基に、「LINE WORKSボット」で営業担当者に再アプローチを指示できる。システムを不動産のオープンハウスにPoC(概念実証実験)導入して開発した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]