シックス・アパートがCMSの「MovableType.net」に「ブロックエディタ機能」追加

編集機能を強化、リッチなレイアウトをブロック単位で表現可能に、並べ替えも自由自在
よろしければこちらもご覧ください

ブログ・CMS(コンテンツ管理システム)と関連サービスのシックス・アパートは、同社のウェブCMSサービス「MovableType.net(ムーバブル・タイプ・ドット・ネット)」のコンテンツ編集機能にブロックエディタ機能を追加した、と6月16日に発表した。HTMLのソースコードを編集することなくリッチなレイアウトをブロック単位で表現できる。


標準で搭載する8つのブロック

記事やWebページのコンテンツ作成で、見出し▽テキスト▽表組み▽画像▽埋め込み動画▽マルチカラム(2列、3列、4列)といったブロックを組み合わせて編集できる。運用担当者ができるだけ「WYSIWYG(見たまま)」で多彩なコンテンツのページを作成できるよう設計した。ブロックの順番はドラッグ&ドロップや矢印ボタンで自由に並べ替えられる。


ドラッグ&ドロップまたは矢印でブロックの順番を並び替え


Excelのデータを読み込み、表を作成する例

テキストや画像など標準の8種類のブロックを組み合わせ、見出しや表組みのほか、3カラムの真ん中に画像を表示する複雑なレイアウトなどが見たままで編集できる。サイトのデザインに合わせたカスタムブロックを作れば、吹き出し付きのインタビュー記事などを作れる。サイトごとに定型フォーマットをカスタムブロックとして追加もできる。


ブロックエディタの表示設定

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]