デジタル広告プラットフォーム、業界関係者の認知トップは「Criteo」【デジタルインファクト調べ・2020年4月】

業界関係者の認知トップ5は「Criteo」「AD EBiS」「FreakOut」「Logicad」「ScaleOut」の順。
よろしければこちらもご覧ください

デジタルインファクトは、国内提供されている「広告プラットフォーム」に関する調査結果を発表した。

「DSP」「アドネットワーク」「SSP」「広告効果計測ツール」「アドベリフィケーションツール」などに該当する全99サービスについて、以下の7項目を質問した。広告主、広告会社、アドテクベンダー、媒体社に所属するデジタル広告業界関係者165名が回答している

  • 認知しているサービス
  • イベントや説明会でのプレゼンテーションを聞いたことがあるサービス
  • 営業を受けたことがあるサービス
  • 内容をある程度理解しているサービス
  • 事業責任者を知っているサービス
  • 利用実績があるサービス
  • 他のユーザーに勧めたいサービス

認知しているサービス、トップは唯一8割超が認知していた「Criteo」

このうち「認知しているサービス」については、「全回答者(165名)」「アドテクベンダーを除く回答者(130名)」ともに、1~5位は「Criteo」「AD EBiS」「FreakOut」「Logicad」「ScaleOut」の順となった。

認知している広告プラットフォーム

独自アルゴリズムでユーザーの行動を解析し、リターゲティング型の広告を表示する「Criteo」が、唯一8割超を超えて1位となった。これに、イルグルム(旧ロックオン)が提供するマーケティング効果計測プラットフォームの「AD EBiS」が続いている。3位はDSP(デマンドサイドプラットフォーム)の「FreakOut」、4位はSMNが提供する広告配信最適化プラットフォーム「Logicad(ロジカド)」、5位はSupershipが提供する広告配信プラットフォーム「ScaleOut」がランクインした。

その他の調査結果は、同社発刊の「広告プラットフォームの普及動向調査2020年上半期版」にてとりまとめられている。

調査概要

  • 【調査対象】デジタル広告業界関係者(広告主、広告会社、アドテクベンダー、媒体社)
  • 【調査方法】デジタルインファクトが提供するデジタル広告業界関係者を対象としたアンケートサービス「Digital InVoice」により、Webアンケートを実施。「DSP」「アドネットワーク」「SSP」「広告効果計測ツール」「アドベリフィケーションツール」に該当する全99サービスについて質問。※Amazon、Facebook、Google、LINE、TikTok、Twitter、Yahoo!JAPAN、楽天などの大手広告プラットフォーム事業者が運営するサービスは対象外。
  • 【調査期間】2020年3月~4月
  • 【回答者数】165名(広告主40名、広告会社56名、アドテクベンダー35名、媒体社34名)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]