サイバーエージェントがAI活用のプロセスで広告制作物を作るサービス「極予測AI」開始

制作費は広告効果があった場合だけ、広告配信効果を事前予測する「効果予測AI」を開発
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、AI(人工知能)を活用したプロセスで広告制作物を作り、広告効果があった場合だけ制作費が必要になるサービス「極予測AI(キワミヨソクエーアイ)」を始める、と5月15日発表した。広告配信効果を事前に予測する「効果予測AI」を開発した。広告制作をAIで大きく変えるという。

極予測AIは新規制作物同士の効果予測ではなく、現在配信中で最も効果が出ている既存の制作物と新しい制作物の効果予測値を競わせる。その結果、AIの効果予測値が既存のトップより上回った新しい制作物だけを広告主に納品して配信する。一般的な効果予測AIは、大量に作った新規制作物同士で効果の予測値を競う仕組みだった。

※イメージ図・AI SCOREは参考値

先行テストを実施し、通常のプロセスでの制作物と極予測AIによるプロセスで作った制作物について、配信中で広告効果1位の既存制作物との勝率を比べたところ、極予測AIが通常プロセスの2.6倍だった。効果が確認できた場合のみの料金体系にすることで広告効果改善の期待に応える。この技術は静止画と動画の両方に対応する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]