デジアル広告事業に特化したBPO業務を提供する「ビズテーラー・パートナーズ」設立

サイバー・コミュニケーションズとイー・ガーディアンの合併会社、広告人材不足の解消に貢献

インターネット広告事業でCARTA HOLDINGSグループのサイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、投稿監視・風評調査のイー・ガーディアンと合弁で新会社「ビズテーラー・パートナーズ」を4月1日付けで設立した、と同日発表した。デジタル広告やマーケティング業務に特化したBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)=業務プロセスの外部委託=事業を展開する。

新会社の持ち株比率はCCIが90%、イー・ガーディアンが10%。CCIは広告事業の業務オペレーションのノウハウを、イー・ガーディアンは長年培ってきた広告入稿・審査や広告監視、風評調査など専門性の高い業務ノウハウを提供する。両社の強みを生かして企業からデジタル広告業務全体を受託するBPOサービスを行う。

国内のインターネット広告市場は2019年に2兆円を超え、テレビを抜いてさらなる拡大が見込まれるが、デジタル広告の運用は複雑さを増していて、人材不足が深刻な課題となっていた。ビズテーラー・パートナーズは、ネット広告の入稿から運用までワンストップで受託して、企業に安定した業務運営基盤を提供し、デジタル広告を担う人材不足の解消に貢献する。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]