博報堂DYメディアなどがテレビ番組のファン育成プラットフォーム「LiveTV-Show」開発

生活者参加型の番組支援の仕組み、第1弾はNST新潟総合テレビのアイドルユニット向け

総合メディア事業の博報堂DYメディアパートナーズと、博報堂の開発組織「HAKUHODO Blockchain Initiative(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)」は、テレビ番組のファンを育成するプラットフォーム「LiveTV-Show(ライブ・ティービー・ショー)」を開発した、と12月17日発表した。ブロックチェーン技術を活用した。

ブロックチェーンは、ブロックと呼ぶデータの単位を生成し、チェーン(鎖)のように連結することでデータを保管するデータベースを指す。LiveTV-Showは、企業向けブロックチェーン事業開発のSingulaNetと共同開発した。第1弾で12月末に新潟のテレビ局、NST新潟総合テレビの情報番組「八千代ライブ」への提供を始める。

LiveTV-Showは、デジタルアセット(資産)の所有権を安全で迅速に移転できるブロックチェーン技術の特徴を応用。出演タレントのデジタル写真やライブ映像などを番組のファンに数量限定で提供したり、ファンからギフティング(投げ銭)を通じて番組を応援してもらったりする生活者参加型の番組支援プラットフォームとなる。

「LiveTV-Show」の画面イメージ

八千代ライブに提供する専用プラットフォームは、番組の企画で結成したアイドルユニット「ツナギッコ」のファンを対象にする。視聴者は、ツナギッコの限定オリジナル写真、楽曲の購入や、ウェブ限定の配信番組を視聴しながらサイトのギフティングボタンを押すことによって直接ツナギッコを応援し、活動が支援できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

GTA
(1)グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Grounded Theory Ap ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]