国産マーケティングサービスがASPICのアワードで先進技術賞を受賞

アクティブコアが提供している国産MAサポートツール「activecore marketing cloud」が、「第13回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」ASP・SaaS部門で先進技術賞を受賞した。

国産マーケティングサービスであるMAサポートツール「activecore marketing cloud」を提供しているアクティブコアが、2019年11月8日に発表された「第13回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」のASP・SaaS部門の基幹業務系分野において先進技術賞を受賞した。

本アワードは、ASP・SaaS・IoT クラウド コンソーシアム(ASPIC)が、総務省後援のもと、日本国内で提供されている ASP・SaaS/IaaS・PaaS/IoT/AI運用のサービスとデータセンターや、それらを利用するユーザー企業の優秀なものを選定し、表彰するもの。

先進技術賞を受賞した「activecore marketing cloud(アクティブコア マーケティングクラウド)」は、分析やレコメンド機能を搭載したマーケティングオートメーションを実現するツールで、データ分析やレコメンドで事業経営をサポートするアクティブコアがSaaS型で提供している。導入企業がプライベートDMPを構築し、そこから抽出したデータを元にそれぞれの顧客に合わせたアプローチを自動化して、効率的に顧客への1to1アプローチを可能としている。

アワードを主催するASPICは「クラウドサービス情報開示認定機関」の運営を行っている団体。今回「activecore marketing cloud」が受賞した先進技術賞はASP・SaaS部門に設けられた賞で、審査はさまざまな企業から選出された11名と総務省が行った。

アワードではlaaS・PaaS部門や、AI部門、IoT部門など、全6部門59賞に加え、総務大臣賞を選出しており、今回は「activecore marketing cloud」のほかにも次のようなサービスが受賞している。

総務大臣賞

賞名会社名サービス名
総務大臣賞・AI部門 総合グランプリ日本電気株式会社マイナポータル連携問い合わせ自動応答ソリューション

ASP・SaaS部門 基幹業務系分野

賞名会社名サービス名
基幹業務系分野グランプリ株式会社アクティブアンドカンパニークラウド型・組織戦略システム/HRオートメーションシステム『サイレコ』
委員会賞株式会社ミライトCastingTable3.0
ベストイノベーション賞TIS株式会社経費精算モバイルアプリ「Spendia」
先進技術賞株式会社アクティブコアactivecore marketing cloud (アクティブコア マーケティングクラウド)
先進技術賞株式会社サムシングファン動画分析マーケティングツール「DOOONUT(ドーナツ)」
ベスト連携賞株式会社ソリューション・アンド・テクノロジーWiMS/SaaS経費精算システム
ASPIC会長賞ユニテックシステム株式会社手のひら静脈認証式勤怠管理システム『コレクトタイムナビ』
ASPIC会長賞パーソルプロセス&テクノロジー株式会社HITO-Link パフォーマンス

なお、同アワードの審査員として、インプレスから、クラウドWatchの石井一志編集長が参加している。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]