「Instagram」のクリエーティブ制作プログラム「OPT Instagram Creative Lab」を提供

オプト、クリエーターが広告主と最適な制作物を半日で、フェイスブック ジャパンが監修

デジタルマーケティング事業のオプトは、「Instagram」のクリエーティブ制作プログラム「OPT Instagram Creative Lab」の提供を始める、と10月23日発表した。クリエーターが広告主企業と、Instagramに最適な制作物を半日で作る。Instagramを運営する米国Facebookの日本法人、フェイスブック ジャパンが監修する。

OPT Instagram Creative Labのクリエーターは、Instagramのヘビーユーザーが多い20代女性を中心に構成し、受け入れられやすい制作物を目指す。広告主企業は希望内容がその場で直接伝えられ、ニーズに応じた広告が迅速に制作できる。広告への接触・非接触ユーザーの認知度、好意度などの比較による効果も可視化する。

CPC(クリック単価)=広告1クリックに必要な広告費用=や、CPA(成果単価)=1アクションに要した広告費用=指標だけではなく、ブランディング指標も加えたInstagramでの最適な広告運用を提案する。Instagramはビジュアル表現が重視され、広告でもその特性に合わせた制作物でコミュニケーションをとる必要があるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]