サブスクリプション・サービス向けプラットフォーム「Zuora Central Platform」が日本公開

Zuoraの既存のアプリケーションを活用し、独自のサブスクリプション・ビジネスを構築


サブスクリプション・サービス(定額制サービス)の米Zuora,Inc.は、新しいプラットフォームである「Zuora Central Platform」を発表した、と10月16日発表した。プラットフォームの機能を利用することでZuoraの既存のアプリケーションを活用し、独自のサブスクリプション・ビジネスの構築を実現する。

サブスクリプション・サービスの形はそれぞれに異なるため、複数のシステムに渡って、運用やシステムのカスタマイズ、統合、拡張を余儀なくされている。Zuoraが構築したZuora Central Platformにより企業は、変化するニーズにも対応可能な、単一のプラットフォームを持つことができるようになった。

Zuora Central Platformでは、「条件付きロジックおよびルールを活用してワークフローをカスタマイズし、ビジネスプロセスを自動化する」「予め用意されているフレームワーク、ワークフロー、豊富なAPIを活用して、業界に特化した複数のシステムを簡単に統合する」「カスタムフィールド、カスタムオブジェクト、オブジェクトマッピングでデータモデルを拡張し、サブスクリプションの情報を管理する」などを可能にする。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]