動画広告のパフォーマンス向上サービス「BRAND LIFT CHECKER」の対象にテレビCMを追加

電通デジタルと電通、テレビCM分析で181項目の要素と組み合わせによる効果予測可能に
よろしければこちらもご覧ください

電通の100%子会社でデジタルマーケティング事業の電通デジタルと電通は、クリエーティブ(制作物)の観点からデータに基づいて動画広告のパフォーマンスを向上させるサービス「BRAND LIFT CHECKER(ブランド・リフト・チェッカー)=BLC」の対象にテレビCMを追加した、と8月29日発表した。同日にサービスを始めた。

BLCは動画広告の制作サポートサービスで、動画広告視聴者の態度変容にとって効果的な広告表現の要素や組み合わせを導き出す。今回、従来の4000件を超える「YouTube」動画広告の効果測定に加え、2000件のテレビCMに関して表現要素と態度変容の関係を分析。181項目の要素と組み合わせによる効果予測を可能にした。



さらに、人工知能(AI)でのモデリング機能を搭載し、クリエーティブ内の各要素が態度変容にどのように影響するか、業種、デモグラフィック(人口統計学的属性)別のシミュレーションを可能にした。設定した表現項目の組み合わせごとのブランドリフト(広告接触によるブランド認知度・好感度の向上)値が可視化できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス