電通が日用消費財ブランドのマーケティング手法「モーメントアーキテクチャ」を開発

サービス開始、ニーズが高まる時間・場面・行動の組み合わせを「モーメント」と定義
よろしければこちらもご覧ください

電通は、飲料、食品、トイレタリーといった日用消費財ブランドでの活用を想定したマーケティングメソッド「モーメントアーキテクチャ」開発し、サービスを始めた、と8月29日発表した。効果的なマーケティングを実現する手法となり、ニーズが高まる時間、場面、行動の組み合わせを「モーメント」と定義する。

モーメントアーキテクチャは、モーメントを捉えるマーケティングコミュニケーションの戦略立案、施策の実施と、個人を特定・識別する情報を含まない購買データを活用した購買効果の可視化までを統合する。戦略の立案では、独自に開発した分析手法に基づき、各ブランドにとって重要なモーメントを発見する。


施策ではオンライン・オフライン統合広告配信や、社会的な動き、気象情報をタイムリーにSNS広告に反映するシステムを利用する。日用消費財は購買までの検討プロセスが短く、デジタル広告の各評価指標と購買の関連が不明瞭だったが、大規模購買データで関係性の測定が可能になり、購買効果が可視化できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス