IASがアプリ内広告のビューアビリティ計測をより簡単に

GMA SDKとIMA SDKの両方で、IASのビューアビリティ計測が利用可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/8/21 17:48

広告の効果を最大するテクノロジーとデータを提供するIASは、GoogleのIAB Tech LabのOpen Measurement Software Development Kit(OM SDK)とのインテグレーションにより、アプリ内広告のビューアビリティ計測がより簡単に、広範囲に実施できるようになった、と8月20日発表した。

Google Mobile Ads (GMA) SDKとInteractive Mobile As (IMA) SDKの両方で、IASのビューアビリティ計測が利用できるようになった。モバイルアプリ内広告にけるビューアビリティが計測の対象が拡がり、AdMobおよびGoogle Ad Managerのディスプレイ広告と動画広告の85%超が計測可能になった。

ディスプレイ広告でIASのシングルタグソリューションを利用中のユーザーは、モバイルアプリ向けに別途インテグレーションすることなくOM SDKでの計測を利用できる。動画広告でも、これまでのインテグレーション方法で計測が可能になる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]