広告からCRMをワンデータで統合するマーケティングサービス「OPUS」を、TAGGYがブレインパッドと共同開発

CVRのアップ、CPAのダウン、LTVの最大化など、マーケティング効果の引き上げが可能に
よろしければこちらもご覧ください
OPUSの概要

デジタルマーケティングのTAGGYは、データマイニングと最適化技術のブレインパッドと共同で、インターネット広告、サイト内プロモーション、CRMまでを統合するマーケティングサービス「OPUS(オーパス)」を開発し、7月31日、提供開始した、と同日発表した。

OPUSはOmotenashi Platform for User Satisfaction の略で、WEBサイトのマーケティングに必要なさまざまなユーザーアプローチを包括的に一元管理できるサービスとなる。OPUSはデータ資産の有効活用を促進し、結果としてCVR(コンバージョン率)のアップ、CPA(顧客獲得単価)のダウン、LTV(顧客生涯価値)の最大化など、相乗的にマーケティング効果を引き上げることを可能とする。

共同開発では、広告アプローチのプロフェッショナルであるTAGGYとビッグデータ活用・分析のプロフェッショナルであるブレインパッドが組むことで、ユーザーを最も正しく理解し、その状態変化に応じてリアルタイムにメッセージを最適化させた多彩なマーケティングアプローチが可能となった。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]