NTTデータが、AIを活用したチャットボットサービスを七十七銀行へ提供開始

高精度な日本語解析技術により、問い合わせ内容の意図を理解して最適な回答

NTTデータとNTTデータ東北は、七十七銀行へ金融機関向け共同利用型チャットボットサービスを7月29日より提供開始した、と同日発表した。利用者からのチャット経由の問い合わせに対し、対話形式で自動応答するサービスとなる。

SOE基盤「OpenCanvas」に、NTTグループのAI技術「corevo」を搭載しており、高精度な日本語解析技術により、問い合わせ内容の意図を理解して最適な回答を行う。共同利用型とすることで、学習データの共有が利用金融機関同士で可能となり、運用負荷を軽減することができるという。

七十七銀行では、インターネットバンキングおよびアプリバンキングに関する顧客からの問い合わせに活用し、夜間、休日を含むサポート向上および行内の業務効率化、生産性向上を図る。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]