さくらインターネットの「さくらクラウド」が児童虐待対応支援システムに採用

データセンターを利用し、クラウドサーバーシステムを構築

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、同社のサービス「さくらのクラウド」が、国立研究開発法人 産業技術総合研究所が開発した、児童相談所による虐待対応を人工知能(AI)により支援する児童虐待対応支援システムのデータ通信環境に採用された、と7月18日発表した。

児童虐待対応支援システムは、タブレット端末用アプリ「AiCAN(Assistance of intelligence for Child Abuse and Neglect)」とクラウド上の計算サーバーおよびデータベースで構成する。さくらインターネットは、タブレット端末とクラウドをつなぐデータ通信および、同社が国内で運営するデータセンターを利用し、国内法を適用できるクラウドサーバーシステムを構築した。

児童虐待対応支援システムは、児童相談所がある自治体と協働した実証実験に用いるため、セキュリティに十分な配慮がされたシステム要件や24時間365日対応のユーザーサポートが必要だった。さくらのクラウドは性能、セキュリティ、保守運用の点で産総研の仕様を全て満たしたことで今回の採用となった。

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]