Amazon Web Servicesとオーストラリア連邦政府が政府包括契約を締結

AWSの66のアベイラビリティゾーンを対象としており、契約条件に関する交渉は不要
よろしければこちらもご覧ください

Amazon Web Services(AWS)は、オーストラリア連邦政府がAWSと、新たな政府包括調達契約を締結したことを7月18日発表した。契約により、オーストラリアの連邦・州・準州の機関・部門と、公立大学や政府管理法人は、シンプルな調達モデルを通じ、あらゆるAWSのクラウドサービスを利用できる。

包括契約では、集約型の調達モデルによるスケールメリットが実現しており、政府機関は契約した日からコストを削減できる。世界中の21の地理的リージョンにある、AWSの66のアベイラビリティゾーンを対象としており、個別の契約条件に関する交渉は不要となる。

また、AWSは、オーストラリア・サイバー・セキュリティ・センター(ACSC)の「PROTECTED」認証を2019年1月に取得しており、政府機関は機密性の高いワークロードやアプリケーションをAWSのアジアパシフィック(シドニー)リージョンに移行できる。すべての政府機関が同じ契約条件を適用するため、機関の規模の大小に関わらず政府機関は、AWSの業界をリードするセキュリティ機能と耐障害性に優れたインフラストラクチャを活用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]