アタラが「エクスペリエンスビジネス促進ソリューション」の提供でアドビと提携

マーケティングが中心だったデジタルデータの活用を財務や人事・経営まで拡大
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援事業のアタラは、顧客企業のデジタルデータの高度な利用を後押しする仕組み「エクスペリエンスビジネス促進ソリューション(EBAS)」の提供でアドビシステムズと提携した、と6月12日発表した。マーケティングが中心だったデジタルデータの活用を財務や人事、経営まで広げられる。

アタラはマーケティングや経営活動の最適化を支援。デジタルコンテンツ制作、マーケティング、広告、アナリティクス、コマースを含むアドビの包括ソリューション「Adobe Experience Cloud」を通じて蓄積されたデータをデジタルトランスフォーメーション(ITによる業務変革)ツールなどを介して視覚化する。

アドビとの提携によって迅速で的確な経営判断やマーケティングの高速化が実現するという。アタラは、マーケティングの施策立案・実行、ダッシュボード開発・運営のノウハウと実績を保有。システムやツールを導入しても活用できなかったり、社内のデータと統合させたいといった顧客企業の課題解決を図る。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]