ウェブ接客ツール「Sprocket」にヒートマップ分析機能を追加、ウェブ接客の効果向上

行動データでセグメントした分析が可能、三井住友カードはコンバージョン率111%改善

ウェブ接客プラットフォーム開発のSprocketは、同社のウェブ接客ツール「Sprocket」にヒートマップ分析機能を加えた、と4月10日発表した。行動データを使った柔軟なサイト分析とシナリオ効果の可視化が可能で、ウェブ接客の効果を高められる。検証では三井住友カードのコンバージョン(最終成果)率が111%改善した。

ヒートマップは色や濃淡でデータを表現した可視化グラフを意味する。ユーザーの思考や動きを「見える化」することでサイトの改善につなげるため、分析機能を開発した。ウェブ接客シナリオの企画前にページ閲覧、スクロール、クリックなどの行動データでセグメントしたヒートマップ分析ができ、実施後に効果が分かる。

 

コンバージョンの直前ページなどでユーザーの動きを詳細に分析し、ウェブ接客シナリオを表示する適切なタイミングを決めたり、効果を測ったりできるようになる。三井住友カードは、ショッピングなどの利用枠増枠を検討するユーザーのページ内閲覧行動を可視化・分析し、導き出した仮説をシナリオに反映して改善した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]