アドビ、動画制作をAIで効率化するツールをNAB 2019で発表

Adobe Creative Cloudのビデオ&オーディオツールに加え、動画制作をさらに効率化
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/4/5 18:00

アドビは、2019 NAB Show(National Association of Broadcasting)に先駆け、処理の高速化と新たなイノベーションをAdobe Creative Cloudのビデオ&オーディオツールに加え、動画制作をさらに効率化するアップデートを4月3日発表した。

アップデートの新機能には、アドビの人工知能(AI)および機械学習テクノロジーであるAdobe Senseiに基づくビデオ向けの「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能、タイトルおよびグラフィックスの制作とアニメーションの制作のための新機能、洗練されたオーディオミックス機能などがある。

また、Premiere Proでは効果や色変更の適用に用いるマスクトラッキングの高速化、デュアルGPUへの最適化、HEVCおよびH.264処理におけるハードウェア高速化の強化など、多くの処理高速化を実施した。また、After Effectsの機能強化には、「色の変更」や「ラフエッジ」といった効果のGPU高速化を含む。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]