WebPに変換するとどのぐらい効果がでるのかをチェックする「ページまるごとWebP変換・効果測定と一括ダウンロード」をアイデアマンズが提供

WebPを導入したいWebサイトのURLを入力するだけで、シュミレートを開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/2/21 17:35

ソフトウェア企画とWebサービスを提供するアイデアマンズは、Webサイトで表示される画像をWebP(ウェッピー=Googleが開発しているオープンな静止画フォーマット)に変換するとどのぐらい効果があるのかをチェックできる「ページまるごとWebP変換・効果測定と一括ダウンロード」を提供開始した、と2月20日発表した。

ページまるごとWebP変換・効果測定と一括ダウンロードは、WebPを導入したいWebサイトのURLを入力するだけで、シュミレートを開始する。約30秒でシュミレートが完了し、レポートを生成する。軽量化による表示時間の短縮目安も合わせてレポートするので、WebP導入による効果測定を体感できる。

面倒なWebP変換を行うことなく、Webサイト上で変換したWebP画像を一括ダウンロードもできる。対応ブラウザ・非対応ブラウザへの表示振り分けを行うために記述を行った「.htaccess」も同梱されているので、ページ数の少ないWebサイトであればすぐにWebP対応が可能。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]