オプト、運用型広告の予算配分シミュレーションシステム「AlloSim」を開発

過去実績データを基に最適な予算アロケーションを、機械学習で自動算出可能に

デジタルマーケティングのオプトは、過去実績データを基に複数の運用型広告媒体で最適な予算アロケーションを自動算出するシミュレーションツール「AlloSim(アロシム)」を開発し、提供を開始した、と12月19日発表した。

AlloSimは、過去実績データを基にした複数の広告媒体での最適な予算アロケーションを、機械学習により自動算出することを可能にする。様々なパターンで広告媒体別のCV数と広告費のシミュレーションが可能になるため、高品質の予算シミュレーションが提供できる。

従来よりも効果的な予算アロケーションが提案可能になり、また、広告運用担当者の作業時間削減にもつながるため、予算配分に限らず、広告主に対して様々な価値創造での貢献が可能になるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]