ヤフーがクリエイターなどが自身の作品などを自由に投稿できるプラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を提供開始

各業界で活躍するクリエイターが、毎月500本を超える動画コンテンツを配信
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、クリエイターやインフルエンサーが自身の作品や動画コンテンツなどを自由に投稿できる新たなプラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を開設した、と10月30日発表した。

11月1日時点で、各業界で活躍するクリエイター約200名が参加し、今後も毎月500本を超える動画コンテンツを、「Yahoo! JAPAN」アプリやスマートフォン/PCのYahoo! JAPANトップページ、プログラム専用Webサイトなどで随時配信していく。

プログラムには、著名なクリエイターやインフルエンサーが参加し、オリジナルの動画コンテンツを投稿する。ユーザーは「ショートフィルム」「モノ/ガジェット」「専門マスター」など6ジャンルの動画コンテンツをすべて無料で視聴できる。ヤフーは、プログラムを通してコンテンツを届けることで、ユーザーの興味関心を具体的な行動につなげ、出会いの接点を増やしメディアパワーの最大化を目指す。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]