渋谷フェイスがBsmoと協業しターゲティング型リリース配信サービス「PR-Face」を提供開始

SNSとターゲティング広告を組み合わせ、カスタマーにダイレクトに配信が可能に
よろしければこちらもご覧ください

広告代理業務の渋谷フェイスは、SNSマーケティングのBsmoと協業し、11月1日よりSNSのビッグデータを駆使したターゲティング型リリース配信サービス「PR-Face」のサービスを提供開始する、と10月31日発表した。

スマートフォンの普及に伴い、SNSをはじめとしたデジタルメディア領域が飛躍的に進化し、企業のマーケティングのあり方も変わってきた。PR-FaceのようなSNSとターゲティング広告を組み合わせたサービスにより、ターゲットのカスタマーにピンポイントでダイレクトに配信を行う事が可能になる。

PR-Faceは企業のプレスリリースをターゲティング配信することで「見てほしい人」へ確実に届ける仕組み作りに成功した。プレスリリースを「掲載する」のではなく、「ターゲット層へ確実に届ける」ことを目的とし、企業のマーケティングをサポートしていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]