次世代型広告ネットワークのサイト内キーワード連動型広告配信「AdPicker」提供開始

ヒトクセ、テキスト文をキーワードに分解して効果的なサイト内キーワードに広告配信

広告配信プラットフォーム事業のヒトクセは、サイト内キーワード連動型広告配信システム「AdPicker」の提供を8月30日に始めた、と同日発表した。専用タグを埋め込んだウェブページ内のテキストを解析し、テキスト文をキーワードに分解した後、独自の解析システムで効果につながると判断したサイト内キーワードに対して広告配信が可能になる。次世代型の広告ネットワークという。

ウェブ広告配信でのユーザー個人へのターゲティングがGDPR(一般データ保護規則)やサイトトラッキング抑止機能のITP(Intelligent Tracking Prevention)などで制限される中、コンテンツターゲティングが再び注目されていることから展開する。擬似的な視線トラッキング技術を使い、ユーザーがキーワードを閲覧したと判断したタイミングで広告を表示し、ユーザーの注目度を高める。

テキスト、動画、リッチメディア広告といったさまざまな表現でキーワード連動広告が表示できる。広告出稿側は精密なキーワードターゲティングが可能になり、キーワードに興味を持ったユーザーに広告を示すことで、閲覧行動を阻むことなくコンバージョン(最終成果)向上を実現する。サイトの文章中に広告を表示させるため、メディア側には既存の広告枠の収益を損ねない利点がある。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]