アカマイのボットマネージメント製品「BMP」が転売目的の買い占め悪質ボットを撃退

ふるまいによって検知・制御、イープラスがチケット販売サイト「e+」に導入して効果
よろしければこちらもご覧ください

クラウドプラットフォームの米国アカマイ・テクノロジーズの日本法人、アカマイ・テクノロジーズは、同社のボット(自動化ソフト)マネージメント製品「Bot Manager Premier(BMP)」が、転売目的のチケット買い占めを行う悪質ボットを撃退した、と8月23日発表した。チケット販売のイープラスが採用した。

BMPは、不正なログインや買い占めなどを行うボットをふるまいで検知、制御する。イープラスは同社が運営するチケット販売サイト「e+(イープラス)」にBMPを導入。先行販売チケット発売日30分間のアクセスログを分析したところ、チケット購入のアクセスの9割以上をボットが占めていることが分かった。

イープラスはボットを使用した転売目的のアクセスが検知・ブロックできたことに加え、正規ユーザーのアクセスに影響がなかったことや、ユーザーに面倒な操作を求めない点も評価した。自動化技術の普及などでボットによる転売用の買い占め手法が高度化し、従来型対策では対処できない状況だったという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]