サイバーエージェントが動画広告上に商品購入などの機能を表示するアドフォーマットを提供開始

カナダの開発会社Spotfulとサイバーエージェントが技術提携し、サービス提供
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/6/5 16:54

インターネット広告のサイバーエージェントは、スマートフォン向け動画アドネットワーク「LODEO(ロデオ)」において、カナダのビデオ技術開発会社「Spotful(スポットフル)」と技術提携した、と6月4日発表した。連携により、動画広告上で設定しスポットをタップすると様々なインタラクティブな挙動を展開可能な「LODEO Tappable Vodeo(ロデオ タッパブル ビデオ)」シリーズを提供する。

LODEO Tappable Videoは、動画広告上に様々なスポット(タップ可能なポイント)を配置でき、ユーザーはそのスポットをタップすることによって様々なアクションを動画広告上でシームレスに展開可能になる。初回リリースのラインナップとして、Shoppable Video、Video on Video、Lead Video、Linkable Videoからなる定型フォーマットを展開する。

Shoppable Videoは、LODEOの動画広告上に「商品を見る」「カタログ」などのスポットを配置する。Video on Videoは、動画広告上に「次の動画を見る」「●●動画はこちら」などのスポットを配置する。Lead Videoは、動画広告上に「登録はこちら」などのスポットを配置する。Linkable Videoは動画広告上に「詳細はこちら」などのスポットを配置する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]