NTTレゾナントが「goo」「dメニュー」データ活用情報サイト「goo+dランキング」開設

「膨大なログデータから世の中を見ると、発見、驚き、笑いがみえてくる」がコンセプト

NTTグループでポータルサイト・EC・ソリューション事業のNTTレゾナントは、同社が運営するポータルサイト「goo」のアクセスログと、NTTドコモが展開するスマートフォン向けポータルサイト「dメニュー」の公開データを使い、それぞれの検索動向やニュース、Q&Aの情報を掲載するサイト「goo+dランキング(グッドランキング)」を11月28日に開設した、と同日発表した。「膨大なログデータから世の中を見ると、発見、驚き、笑いがみえてくる」をコンセプトに、独自の切り口でユーザーの深層心理を読み解くサイトとなる。

goo+dランキングはコンテンツごとにユーザーの関心が分かり、世代や属性別など新たなトレンドを発見する機会を提供する。例えば、2017年「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートした30語についてgooとdメニューの検索回数(1月1日~10月31日)からランキング形式で紹介。どちらも「インスタ映え」がトップとなり、これが大賞になると予想している。インスタ映えは、写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」に写真を投稿した時にひときわ映えることを意味し、それを意識したスイーツやスポットも登場している。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]