CDNetworksがCDNの新機能で「HTTP」の新バージョン「HTTP/2」に対応して提供を開始

ウェブサイトを高速化、ウェブサーバーの設定変更は不要、最新のブラウザ環境に適合
よろしければこちらもご覧ください

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービスのシーディーネットワークス・ジャパン(CDNetworks)は、CDNの新機能で通信プロトコル「HTTP」の新バージョン「HTTP/2」に対応して10月に提供を始める、と10月3日発表した。従来の「HTTP/1.1」の課題を改善し、ウェブサイトを高速化する。HTTP/1.1は非同期のHTTPリクエストやリクエストごとに発生するヘッダーの重複転送がウェブのパフォーマンスを低下させていた。

CDNプラットフォームをHTTP/2を対応させることで、「IE11」など最新のブラウザ環境に適合する。HTTP/2はブラウザとCDNサーバーの間に適用し、この区間でブラウザ表示を高速化するため、ウェブサーバーの設定変更は不要。ただ、HTTP/2はブラウザとサーバーの双方に適用が必要で、旧ブラウザの利用だと引き続きHTTP/1.1の通信となる。CDNetworksのCDN(ウェブ高速化サービス)を利用している場合が対象となる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]