KDDIが「AWS」の導入、構築、運用・保守の一括サービス「cloudpack with KDDI」開始

グループ会社と協業、同社の請求代行、監視運用保守と「KDDI Business ID」をセットに
よろしければこちらもご覧ください

KDDIは、法人顧客向けに「アマゾンウェブサービス(AWS)」の導入、構築、運用・保守を一括して提供するサービス「cloudpack with KDDI」を10月2日に始めた、と同日発表した。グループ会社でクラウド・システム関連事業のアイレットが展開するAWS関連サービス「cloudpack」のうち、AWSの利用料を割り引く「請求代行サービス」、24時間365日の「監視運用保守サービス」と、KDDIが提供するセキュアなシングルサインオンサービス「KDDI Business ID」をセットにした。

アイレットは840社を超えるAWSの導入実績とノウハウを持ち、KDDIは協業によって顧客の要望に応じたAWSの導入から保守までのソリューションをワンストップで提供する。請求代行サービスはAWS利用料から3%割引し、監視運用保守サービスの監視は1仮想サーバーあたり月額1万円、監視運用保守は同3万円となる。新たにシステムを構築する場合だけでなく、既存システムをクラウド化する時も安心できるという。現在提供中の「AWS with KDDI」は11月2日に受け付けを終える。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]