DACがSSP「YIELD ONE」利用媒体社向けにアドフラウド対策「ads.txt」の設定支援を開始

ads.txtは米国のインタラクティブ広告業界団体が広告詐欺に対応する手段として公開
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/9/15 9:37

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)とDACの連結子会社であるプラットフォーム・ワンは、SSP(サプライサイドプラットフォーム)「YIELD ONE」を利用する媒体社に米国のインタラクティブ広告業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)が推奨する「ads.txt」設定の支援を開始する、と9月8日発表した。ads.txtはIABが5月に公開したAd Fraud(アドフラウド=広告詐欺)に対応する手段となっている。

ads.txtはIAB が提唱する、プログラマティック広告の透明性を向上させることを目的とした取り組みで、媒体社は、自社のads.txtファイルを作成し、自社媒体のWebサーバーに設置・公開することで、広告枠の販売を許可する事業者(SSP、アドエクスチェンジなど)を示すことができる。DSP事業者はその内容を確認し、買い付けを行うことで特定のドメインが配信したと見誤らせるような偽の広告枠への広告出稿を防ぐことが可能になるという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]