デジタルステージ、Webサイト制作ソフトの最新版「BiND for WebLiFE 10」を9/27発売

集客を意識したサイト運営を実現するため、「SEOアシスタント」機能を新たに搭載
よろしければこちらもご覧ください

ソフトウエア企画・開発・販売のデジタルステージは、HTMLやCSSなどの記述なしにWebサイトが作成できるソフトウェア「BiND for WebLiFE 10(バインド・フォー・ウェブライフ10=BiND10)」を9月27日発売する、と8月22日発表した。BiND10では、Webを作るだけではなく、集客を意識したサイト運営を実現するため、SEOを強化するための「SEOアシスタント」機能を新たに搭載した。

Bind10は、ディスクリプションの設定の有無やALTの設定、ページタイトルやリンクテキストが適切であるか、リンクエラーがないかなどを自動でチェックすることができる。また、Web運用において利用頻度の高い機能を中心にUI/UXを改善し、パフォーマンス向上を実現した。オンラインサービス「BiNDクラウド」との連携(1年間の利用ライセンスを付与)では、サイトデータの同期や編集画面への導線を見直し、ローカルとオンラインの両環境をシームレスに繋ぐことで両方を利用する利点を活かせるツールに進化した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]