EC-CUBEがオンライン接客サービスとの連携強化、第一弾は「ecコンシェル」「ZenClerk」「Chamo」

ロックオンのEC-CUBEがWebサイト上で最適な接客ができるオンライン接客サービスと連携
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/6/21 12:40

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、EC向けCMSのEC-CUBE利用店舗の売上向上をサポートするため、EC-CUBEと「オンライン接客サービス」との連携を強化する、と6月20日発表した。オンライン接客サービスは、AI(人工知能)などを介し、Webサイト上で最適な接客ができるデジタルツールで、導入により、顧客満足度の向上やカゴ落ち対策などにより、売上向上を見込むことができる。EC-CUBEとオンライン接客サービスとの連携は現在、NTTドコモの「ecコンシェル」、Emotion Intelligenceの「ZenClerk」、チャモの「Chamo」との連携が完了している。

EC-CUBEは今後、店舗の売上向上を支援するため、積極的にサードパーティとの連携を強化する方針で、エフ・コードの「f-traCTA」など、複数のサービスとの連携を予定している。また、国内では初となるオンライン接客サービス4社がサービス紹介とパネルディスカッションを行うセミナーの実施や、特設サイトの新設など、サービスの導入支援による連携強化を目指していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]