ホットリンクがSNS運用ツール「BuzzSpreader」提供、第一弾はAIエンジン搭載のInstagram運用支援

自社や競合アカウントの現状分析や、ハッシュタグレコメンドなどによって拡散

エージェントシステム開発のホットリンクは、ソーシャルメディア運用支援サービス「BuzzSpreader(バズスプレッダー)」の提供を開始する、と6月6日発表した。BuzzSpreaderは、第一弾として「Instagram」の運用支援に対応し、自社や競合アカウントの現状分析や、AIエンジンによるハッシュタグレコメンドなどによって効率的に拡散する。BuzzSpreaderは、複数のソーシャルメディアのアカウントをまたがって現状を可視化し、運用の効率化とROI(投資対効果)向上を支援するという。

BuzzSpreaderの投稿サポートでは、AIエンジンが大量のハッシュタグ候補を解析・評価し、Instagramユーザーの目に留まりやすいハッシュタグをシステムが自動的にレコメンドする。また、Instagramアカウントについて、アカウント全体動向だけでなく、個別投稿内容の拡散状況をダッシュボード上で可視化する。運用管理の面では、自社Instagramアカウントを複数登録可能なだけでなく、ベンチマーク対象のInstagramアカウントも登録できる。全体動向、個別の投稿内容それぞれにおいて、Instagramアカウントの比較が可能となっている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]