Google Site Searchからのサイト内検索の乗り換えプランをマーズフラッグが提供開始

Google Site Searchからサイト内検索 MARS FINDERへの移行利用者を対象にプランを提供
よろしければこちらもご覧ください

サイト内検索サービスを提供するマーズフラッグは、Google社の企業向け有償サイト内検索「Google Site Search」のユーザーを対象に「サイト内検索 MARS FINDER らくらく乗り換えプラン」を提供する、と5月12日発表した。Google社はGoogle Site Searchの販売を終了し、サービス停止を発表しているため、広告を表示しないサイト内検索の利用者は、他のサービスに移行する必要がある。マーズフラッグは、Google Site Searchからサイト内検索 MARS FINDERへ移行する利用者を対象に、サイト内検索 MARS FINDER らくらく乗り換えプランを提供することにした。

サイト内検索 MARS FINDER らくらく乗り換えプランの利用者には、企業のWebサイトに設置するJavaScriptタグと、検索結果画面に設置するJavaScriptタグを配布する。企業のページにJavaScriptタグを記載して検索サービスを提供している場合、移行が容易になる。サイト内検索用のサブドメインの取得と、SSLライセンスのサイト内検索用の取得が不要となる。Google社が提供するJSON APIに互換するAPIを提供する。検索のパラメータを互換するため、検索窓のフォームに記載するタグを変更する必要がない。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]