フォームに入力したメールアドレスをリアルタイムでチェックして機会損失や不正の防止、ProTech Mail Checker

ショーケース・ティービー、金融機関やECサイトなどに向けたクラウドサービスを開始
よろしければこちらもご覧ください

Webマーケティング支援のショーケース・ティービーは、金融機関やeコマース事業などのWebサイト運営企業に対し、入力フォーム上に入力したメールアドレスの存在有無をリアルタイムにチェックすることで、Webサイト運営での機会損失や不正利用を防ぐクラウドサービス「ProTech Mail Checker(プロテック メール チェッカー)」の販売を開始する、と5月12日発表した。存在しないメールアドレスで入力を完了しているユーザーを特定することは、不正対策における運用者の負担が軽減できる。そのためショーケース・ティービーはセキュリティ製品群ブランド「ProTech」の新製品「ProTech Mail Checker」を販売することになった。

ProTech Mail Checkerは、Webサイト上で入力したメールアドレスの存在を入力時にリアルタイムで確認することで、誤入力によるメールの不達防止や存在しないにも関わらず登録したメールアドレスを確認できるサービスとなる。従来、メールアドレスの存在有無を確認するには、実際にメール送信をしなければならなかった。サービスの利用により、メールアドレスの確認が事前に可能になり、メール到達率の向上を見込むことができる。フォローメールが届かないなどのユーザーの不満も解消し、問い合わせ対応にかかるコストの削減や、最終的なコンバージョン率の向上を可能にするという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]