スマホサイトのレイアウト崩れを自動検知、gooラボがレイアウトチェックサービスを提供開始

スマホの機種やOSの違いにより発生するレイアウトの崩れをパーツ単位で検出可能に
よろしければこちらもご覧ください

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、NTTのソフトウェアイノベーションセンタが開発したUIレイアウトテスト技術と、NTTレゾナントが提供するクラウド型検証サービス「Remote TestKit(リモートテストキット)」を組み合わせたスマートフォンサイトの自動レイアウトチェックサービス「AutoLayoutChecker(オートレイアウトチェッカー)」のβ版サービスを5月9日より「gooラボ」にて公開する、と同日発表した。AutoLayoutCheckerでは、スマホの機種やOSの違いにより発生するレイアウトの崩れをパーツ単位で検出することが可能になった。

AutoLayoutCheckerは、「画像・文字列単位での変化を、パーツごとの特性に応じて、それぞれに最適な比較手法を用いることができる」「他のパーツの変更などによる影響を受けずに差異を比較できる」「差異をピンポイントで指摘することができる」といったメリットがあり、目視や既存ツールによる検証に比べ、短時間で高精度なレイアウトチェックを可能とした。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]