DACとトーチライトが「Facebook」ダイナミック広告で「カスタムバッジ機能」を開発

フィード広告管理「Sherpa for Feed」の独自機能、セール商品など積極的に訴求可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、グループ会社でソーシャルメディアマーケティング支援のトーチライトとともに、広告主企業が「Facebook」のダイナミック広告に出稿する際、セール商品などを積極的に訴求できる「カスタムバッジ機能」を開発した、と4月6日発表した。トーチライトが開発・提供するフィード(Facebookに投稿される情報)広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」のFacebookフィード広告向け独自機能となる。

Facebookダイナミック広告は、Facebookのフィード上広告の一種で、ユーザーの興味関心に合わせた広告が表示される。カスタムバッジ機能は、広告代理・ソリューション事業のアイレップが展開するデータフィード最適化システム「Marketia Feed Manager」とFacebookのダイナミック広告をSherpa for Feedで連携させ、セール商品をアピールする。割引率や「セール」「送料無料」などの文言を動的に追加。広告主企業は画像を加工することなく情報を加えた広告が配信できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]