ecbeingがクレジットカードのセキュリティ基準「PCI DSS」準拠の決済オプション開始

ECサイト構築パッケージ「ecbeing」、EC事業者は高いセキュリティレベルが維持可能
よろしければこちらもご覧ください

ECビジネス関連サービスのecbeing(イーシービーイング)は、同社のECサイト構築パッケージ「ecbeing」で作成したECサイトに対し、クレジットカードのセキュリティに関する国際基準「PCI DSS」に準拠した決済オプションサービスを4月7日に始めた、と4月13日発表した。EC事業者は高いセキュリティレベルが維持できる。ECサイト構築パッケージ・SaaS(必要な機能だけサービスとして利用できるソフト)でPCI DSSに対応するのは国内初という。

PCI DSSは、会員データを安全に扱う対策手法や運用ルールを定めたクレジットカード業界のセキュリティ基準で、JCB、VISA、マスタカードなど国際カードブランド5社が策定した。経済産業省などがクレジットカード取引のセキュリティ強化を公表し、EC事業者は2018年3月までにPCI DSSに準拠するか、カード情報を非保持化するか求められる。決済オプションサービスによって経済産業省の要請をクリアしながら個別カスタマイズが可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス