ブライトコーブとHubSpotが動画分析で連携、視聴データでリード情報をスコアリング

動画の視聴状況に基づいて個別のメールを各層に送信可能、コンバージョン率の向上へ
よろしければこちらもご覧ください

動画プラットフォームのブライトコーブと、マーケティング・セールス用ソフトを展開するHubSpotは、動画分析技術で提携した、と3月13日発表した。ブライトコーブの動画解析をHubSpotのプラットフォームに直接組み込み、継ぎ目なく統合。詳細な視聴データに応じてリード(見込み客)情報のスコアリングを強化する。HubSpotの顧客は、動画の75%視聴を25%視聴より高くスコアリングし、動画の視聴状況に基づいて個別のメールを各層に送信でき、コンバージョン(最終成果)率向上につなげられる。

HubSpotは、動画が自社顧客のマーケティングの重要な手段になっていることから、ブライトコーブと提携して動画解析ソリューションをラインアップに組み入れる。動画の視聴実績の解析で優先順位を付け、有望な見込み客が絞り込める。HubSpoのソフトはソーシャルメディアのモニタリングや、ブログ、SEO(検索エンジン最適化)、ウェブサイトのコンテンツ管理、電子メールマーケティング、マーケティング自動化に対応する。ブライトコーブは動画を配信して収益化するクラウドサービスを手掛ける。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]