店舗専用のアプリ制作「GMOおみせアプリ」にポイント発行機能「ポイント+」を追加

GMOデジタルラボ、ネットショップオプションとの連携で共通のポイント発行も可能
よろしければこちらもご覧ください

デジタルソリューションのGMOデジタルラボは、店舗専用のスマートフォンアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」に、ポイントを発行する機能「ポイント+(プラス)」を加えた、と2月16日発表した。顧客の支払い金額に応じて店舗独自のポイントがアプリ内で発行できるオプションプランで、リピート来店を促す。ポイント還元率は、300円で1ポイント、キャンペーン期間中は100円で1ポイントなど自由に設定可能。支払い時に使うポイント換算レートも店舗ごとに設定できる。

ポイントは、バーコードリーダーの利用か会員番号の入力で発行する。バーコードリーダーは顧客にアプリのバーコード表示を開いてもらい、店舗側がバーコードリーダーでスキャンする。会員番号は、顧客が開いたモバイル会員証画面を基に店舗スタッフが管理画面上で入力する。初期費用3万円(税別)、月額5000円(同)。ネットショップ機能を搭載する店舗アプリ制作オプション「カート+」と連携することで、実店舗とネットショップで共通のポイントを発行することもできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]