「トレタ」と「ユビレジ」がデータ連携、POSレジと顧客台帳情報を組み合わせた顧客分析を実現

ユビレジの注文内容や会計情報などとトレタの予約情報や顧客情報などを一元化
よろしければこちらもご覧ください

飲食店向け予約/顧客管理サービスの「トレタ」を提供するトレタとiPad POSレジ「ユビレジ」を提供するユビレジは、データ連携を開始した、と2月8日発表した。ユビレジの注文内容や会計情報、来店情報などとトレタの予約情報や顧客情報、来店履歴などの情報を一元化する。

連携の仕組みを活用すれば、顧客ごとの嗜好やメニューごとのパターン分析などが可能になり、利用満足度(CS)の向上、来店頻度の上昇、メニュー改善による売上向上につながるという。ユビレジとトレタの連携は、トレタが開発したPOSシステム連携API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)である「トレタPOSコネクト」の機能を活用することで実現した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]