マルケトと富士通が協業、MAの機能連携やコンサルを推進へ

米マルケトとの協業で富士通が「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」のマーケティングオートメーション分野を強化
よろしければこちらもご覧ください

富士通は、米マルケトとの協業を1月13日に発表した。これにより富士通は、米マルケトのマーケティングオートメーションツール「Marketo」の導入支援コンサルティングを提供するほか、富士通が提供するデジタルマーケティングソリューション「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」と「Marketo」とを連携させる新機能を開発する。

富士通では、顧客のマーケティングをコンサルティングから施策実行まで支えるサービスや製品として「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360(以下、「CX360」)」を提供しており、今回の協業でMA(マーケティングオートメーション)の分野を強化する。

今回は、次のような内容に関して協業することを発表している。

  1. 導入支援コンサルティングサービスの提供

    富士通が培った「Marketo」の導入から定着のノウハウやマーケティング、そしてSIの実績を活用した「Marketo」の導入支援コンサルティングサービスを提供する。

    • MA活用戦略の立案

      富士通のもつ、ビッグデータを活用し顧客経験価値の最大化を支援するマーケティングフレームワークを通じて、MAの効果を最大限に引き出す戦略立案を支援する:

      • データ分析に基づいたターゲット顧客
      • ターゲット商材・サービスの選定、カスタマージャーニーに基づくコンテンツ
      • チャネル選定

      また、CRMやCMSなど複数ソリューションとMAを連携させたデジタルマーケティング全体設計も行う。

    • 「Marketo」の活用ノウハウに基づき、導入から定着までを支援

      MA導入の経験を持ったスペシャリストが「Marketo」の導入から運用、定着までをトータルで支援する。支援にあたっては、同社が2014年より培ってきた「Marketo」活用によるB2B領域でのマーケティング実践ノウハウを活かす。

      また、富士通コミュニケーションサービスが提供する「Marketo」導入によるメールマーケティングのアウトソーシングサービスにより、「Marketo」トライアル専用環境の作成と戦術施策のテスト実行を行う。

  2. 新機能開発

    富士通の提供する「CX360」で提供しているビジネスマネジメントプラットフォームを、米マルケトの提供する「Marketo」と連携させる次のような新機能を開発する。

    • マーケティングダッシュボード

      MA、Web、ソーシャルメディアなど複数のマーケティング施策の効果測定を一元管理できるダッシュボード。次のようなデータを統合管理できる:

      • 「Marketo」から取り込むデータ
      • Adobe AnalyticsやGoogleアナリティクスなどのWebアクセスログ
      • FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアのデータ
    • データ連携機能

      「CX360」のビジネスマネジメントプラットフォームでの分析結果を、「Marketo」に自動連携させる仕組みを構築する。これにより、顧客行動パターンに基づく顧客のセグメンテーション情報を複数のデータソースをもとに生成し、「Marketo」で利用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]